生産緑地の2022年問題とは!?

2022年(平成34年)、三大都市圏で大量の宅地が不動産市場に流れ込むとみられています。

現在の生産緑地制度は1992年(平成4年)に三大都市圏の市街化で始まり、生産緑地の指定を受けると相続税の納税猶予や固定資産税の軽減(市街化調整区域並み課税)を受けられる代わり、農業を営むことが義務付けられました。生産緑地の指定から30経つと地元自治体に農地の買い取りを申し出ることができ、最終的に農地は市場に流出するものとみられます。
オリンピック後の2022年に金利や建築費がどのように変化しているかは分かりませんが、今の低金利を活かすために、現状の生産緑地が解除できるかどうかを確認してみてはいかがでしょうか?

%e6%96%b0%e8%a6%8f-microsoft-powerpoint-%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

 

サブコンテンツ

▲このページの先頭へ