ちょっと待った!住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税

平成31年(2019年)10月に消費税が10%に増税となる予定です。
消費税の増税により、『直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税』の措置が
下記内容となります。

【制度の概要】
 平成27年1月1日から平成33年12月31日までの間に、父母や祖父母などの直系尊属からの贈与により、
自己の居住の用に供する住宅用の家屋の新築、取得又は増改築等(「新築等ともいいます。」)
の対価に充てるための金銭(「住宅取得等資金」ともいいます。)を取得した場合において、
一定の要件を満たすときは、次の非課税限度額までの金額について、贈与税が非課税となります。

【現行】

住宅用家屋の取得等
に係る契約の締結日
省エネ等住宅
左記以外の住宅
平成28年1月1日~
平成32年3月31日
1,200万円
700万円
平成32年4月1日~
平成33年3月31日
1,000万円500万円
平成33年4月1日~
平成33年12月31日
800万円300万円

【消費税10%後】

住宅用家屋の取得等
に係る契約の締結日
省エネ等住宅
左記以外の住宅
平成31年4月1日~
平成32年3月31日
3,000万円
2,500万円
平成32年4月1日~
平成33年3月31日
1,500万円1,000万円
平成33年4月1日~
平成33年12月31日
1,200万円700万円

サブコンテンツ

▲このページの先頭へ