贈与

早目に行えば、贈与は相続税を減らす大変有効な方法です

贈与とは

贈与とは、被相続人が死亡する前(存命中)に、自分の財産を人に分け与えることを決断し、相続人に財産を移転することですので、どちらかが、存命中に贈与もしくは相続に対する話し合いをしないことには着手できません。
そういった事情もあり、贈与を計画的に行っている方は決して多くはないと言えます。

しかしながら、贈与は計画的に時間をかけて行えば、相続財産を着実に減らすことができますし、平成27年1月1日以降から適用された税制改正では、政策として、贈与に対する優遇措置が盛り込まれておりますので、今後は贈与の積極的な活用を検討してみても良いと思います。

そこで、贈与を活用するメリットを以下に整理してみたいと思います。

 

贈与を活用するメリット

メリット1. 贈与税の基礎控除を活用して、相続財産を減らすことができる

贈与税には、一人当たり年110万円の基礎控除があるため、計画的に活用すれば相続財産を大幅に減らすことができます。
※必ず事前に専門家にご相談の上、判断下さい。

メリット2. 贈与税の配偶者控除を活用して、課税価格を減らすことができる
  • 婚姻期間20年以上の配偶者からの贈与である
  • 居住用不動産または、居住用不動産を取得するための金銭の贈与である
  • 過去にこの制度の適用を受けていない(同一夫婦間で一度だけ)
  • 贈与を受けた年の翌年3月15日までに贈与された(又は取得した)
  • 居住用不動産を居住の用に供し、その後も引き続き居住する見込である
  • 贈与税の申告をする

以上の要件を満たした場合に限り、課税価格2,000万円(基礎控除と合わせると2,110万円まで)控除できます。

メリット3. 法定相続人以外に財産を渡すことができる

相続では、法定相続人以外には財産を渡すことができませんが、贈与の場合は、自らの指定した相手に財産を渡すことができます。

このようにメリットの多い贈与ですが、贈与と相続のどちらを選択するかを判断するには、専門的な知識を必要とするため、自分で判断せず、必ず専門家に相談することをお勧めします。

 

生前贈与サポート

手順1. 電話予約の上、名古屋・岡崎相続サポートセンターまでお越し下さい

まずはお客様のご事情やご要望を伺い、まずはお客様の現状をしっかりと受け止めさせていただきます。

手順2. 相続人・相続財産の種類と評価額を確認させていただきます

既に資料が整っている場合は、資料を拝見し、相続人・相続財産の種類と評価額を確認させていただきます。
戸籍の収集等や相続財産の洗い出し等がお済でない場合は、当サポートセンターで代行させていただきます。(別料金)

手順3. 相続と贈与の有利・不利判定を行います

確認させていただいた想定される相続人、相続財産の種類と評価額から、相続と贈与のどちらが得なのか?を判定いたします。
判定の結果「贈与が有利」と判断された場合は、下記手順で対策を講じて行きます。

手順4. 生前贈与プランの提示と実行

手順3の「相続と贈与の有利・不利判定」で贈与が有利と判断された場合は、具体的な生前贈与の手順と方法をプランニングいたします。
プランにご納得いただけましたら、スケジュールに沿って実行して行きます。

 

贈与と相続のどちらが得か?は専門家でないと判断が難しいものです。
名古屋・岡崎相続サポートセンターでは、贈与に関する無料相談(初回60分)を実施中です。まずはお電話でご予約下さい。

 

まずはお電話ください フリーダイヤル0120-83-5557

 

サブコンテンツ

▲このページの先頭へ