子や孫への車を買ってあげた際の贈与税について/名古屋 相続サポートセンターが解説します


子や孫への車を買ってあげた際の贈与税について名古屋 相続サポートセンターが解説します。

名義を誰にするか

例えば、新車を子や孫へ購入してあげた際にその車の名義を子や孫にした場合は、贈与とみなされることになります。

単なる使用者の場合

名義は購入者のままで、子や孫が車を借りて乗っているような場合には贈与とはならず、贈与税は発生しません。

迷ったら税理士に相談を

一般的な例でお話しいたしましたが、課税対象となるかどうかの判断が難しい個別の事例もあります。
知らないうちに贈与をしていた…というようなことが起きないように、迷った際には、お車の購入前に相談されることをお勧めします。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。